転職

女の転職

女もライフワークを実現する時代、自分の個性を生かせる仕事を見つけよう!転職、キャリアアップなど計画を持って進もう!

一流企業の倒産やリストラが珍しいことではなくなり、大企業も安泰といえない時代がやって来ました。そして厳しい時代だからこそ、企業としても真価が見極められます。

景気が良い時は、どの企業も上向きでどんぐりの背比べ、景気が悪くなると企業の本当の実力が見えてきます。不況でも求人が出せるのはある意味伸びている企業の証明。そんな時勢だからこそ、企業選びしやすい面もあります。企業も新卒よりも即戦力を求める企業も多く、転職、再就職の希望者には絶好の追い風ともいえます。

そして、もう1つ、インターネット上を見れば分かるように、「女の転職」の求人情報が増えています。もうひとつの時勢の流れは、女性もライフワークの実現を求めて、自分のワークスタイルを変えています。それが可能な社会に移行しているともいえます。

ファッション系など各種アドバイザー、ショップマネジャー、デザイナー、、コーディネイター、カウンセンラー、保育士・・。数々の分野でスペシャリストとして活躍しています。結婚、子育て、専業主婦かパートだけが女の道ではありません。もちろん、結婚、子育ては大切、疎かにできません。でも、もう一方で自分の個性を生かした仕事、天職を持ちライフワークを実現するもの人生です。

転職でキャリアを積む。子育て後に再就職する。資格をと取得し手に技術を身につける。起業する。自己実現の道は多岐にわたります。女性として自分が輝く人生を目指しましょう。このサイトは『転職』をテーマに『女性のライフワーク実現』に関する情報を集めてみました。


キャリアプランを考えている人、7割以上

転職しキャリアアップを狙っている人。
女としても、しかっりと目標を持ちたいものです。


ただ、漠然とは駄目。
やはり、目標を明確にすることが成功の第一条件ですよ。


「インターネットアンケート・サービスgooリサーチを提供するNTTレゾナントと、総合情報サイトAll Aboutを運営するオールアバウトは、gooリサーチの登録モニターを対象に、キャリアプランとビジネススキルに関するアンケート調査を行い、その結果を発表した。


●キャリアプランを考えている人は7割以上


キャリアプランとは、職業人生において目標を立て、それを実現するための計画を意味する。キャリアプランについての回答で最も多かったのは、「目標をなんとなく考えている」人で35.4%。「あまり考えていない」は29.6%だった。「あまり考えていない」を除くと、7割以上の人がキャリアプランについて何かしらの考えを持っていることが分かる。「目標を決めて実現のための計画を具体的に検討している」人は13.8%と、最も少なかった。」


引用:キャリアプランを考えている人、7割以上
9月3日21時12分配信 @IT


▼ブレイクタイム

転職をすると、新しい仲間とのコニュニケーションづくりが必須ですよ。転職した側から話しかけたいもの。女だからと話しかけられるのを待つの駄目。話題づくりのためにも、日頃からニュースには目を通そう。ニュースの記事を読んで、感想などをブログに書いていると良いですよ♪

こんな感じかな!

探偵Aが伝えるニュースの裏側

キムタクの裏話

気ままにダイアリー




面接の自己紹介

転職・再就職活動の面接において求人応募者が志望動機を同じくらい大切にしたいのが自己紹介でしょう。

必ず聞かれる自己紹介について、どう答えたら良いか考えてみましょう。

自己紹介というと言葉が抽象的なので、「どう答えていいの?」と思ってしまう人の多いのではないでしょうか?

企業の面接官がこの質問でもっとも知りたいのは、
「この人はどんな仕事ができるのか?」
「どんなキャリアを積んできたのか?」
「この人のどの部分が自社に利益もたらすのか?」
という点です。

つまり、「これまでどんな仕事をやり、どんな業績をあげ、会社の利益に貢献するためにどんな努力や工夫をしてきたのか?」をアピールしたいところです。

女性としてキャリアをしかっりと話したいところ。女性に多いのが「明るく好奇心旺盛で常に前向きです」など性格面をアピールしてしてしまう人です。性格面をアピールしてしまうのは適切ではない答え方です。

「これまでの経験の中で転職先で行かせるものは何か?」を中心に考えてみるのが良い答え方のポイントです。

それには、企業が募集しているのはどんな人材か?よく調べておくことが必要です。

自己紹介の答え方としては、企業の欲しがっている人物像を自分との接点を見つけることです。そして、自分のこれまでの仕事内容、経験について具体的に話すのがコツです。

産前休暇中の給料

女性が転職を考えた場合は、女性に関する仕事の法律や制度も頭に入れておく必要があります。前回、『産前・産後休暇』の制度の話をしましたが、今回は気になる産休中の給料の話です。産休中に給料を支払わないといけないという法律が残念ながらありません。給料が支払われるかどうか?というのは企業により異なります。でも、健康保険に加入していて、産休中に給料のもらえない人には健康保険から出産手当金が支払われます。また、給料が支払われていても、出産手当金より額が少ない人その差額は支払われます。出産手当金が払われるのは、出産の日以前42日目から、出産の日の翌日以後56日までの間で会社を休んだ日数分で、その額は標準報酬日額の6割程度です。例えば月給30万円の人が、98日間会社を休んだ場合なら、およそ、

標準報酬日額(30万円/30日) X 0.6 X 98日 = 58万8千円

となります。但し、実際の出産予定日より遅れた場合は、42日を超えての請求が可能です。仮に5日遅れて、会社を休んだ日が5日おおくなれば、その5日分についても出産手当金が支給されます。請求は産前6週間から2年以内に会社か社会保険事務所に請求します。転職を考える場合、女としての制度を念頭において企業探ししましょう。将来子育てと仕事を両立させたいの人も多いでしょう。

産前・産後休暇とは?

転職でのキャリアアップを考えている女性にとり、女の仕事に関する制度は頭に入れて人生計画とたてる必要があります。このカテゴリの1回目は「産前・産後休暇」についてです。

出産予定日前の6週間(多妊娠の場合は14週間)と、出産日の翌日から8週間は休業ができます。産前・産後休暇です。労働基準法によって決まっているため、核当する女 性社員が「この期間やすみたい」と申し出れば、会社は必ず認めなくてはなりません。とくに出産日から6週間は、母体保護のために法律で休業が強制されています。いくら本人が「働きたい!」と思っても、働くことができません。残りの2週間は、本人が希望し、医師が問題がないと認めた範囲内であれば、働いて良いことになっています。また、出産前の6週間は本人の判断で決まられますので、「ぎりぎりまで働きたい」という希望の人は働くことができます。

また、実際の出産が出産予定日より延びた場合は、出産日まで出産休暇が延びるしくみになっています。妊娠4ヶ月以降で死産や流産した場合にも8週間の産後休暇はもらえます。また、年次有給休暇の算定に関しては、産前・産後休暇は出勤と同じ扱いになるので、産休を取ったとしても別に本来の有給休暇は取れます。会社側は「産休をとったから有給休暇はないよ」とはいえないのです。働く女性として覚えておきたい法律です。

知らなきゃ損する女性の制度

■将来は子育てと仕事を両立させたい
■出産後も出産前と同じようにフルタイムで働きたい

こんなふうに考えている女性は多いのではないですか?そんな女性のために、仕事と出産・育児の両立を目指す人のために、いくつかの制度が設けられています。制度の中には法律で、企業が絶対に守らなければならないものもあります。しかし現実として、制度を利用しにくい、社員がその制度を使ったことがないということもあります。未だに、女性社員は結婚したら退職するのが通例になっている企業さえあります。

ですから将来子育てと仕事を両立させたいのであれば、転職の際に企業を選ぶ必要が出てきます。自分の利用したい制度がしっかりと活用できるか?活用されているのか?この辺りも転職において、重要な判断材料となります。このカテゴリでは、仕事と出産・育児との両立を目指す女性のためにどんな制度があるのか情報を集めていきます。すぐに結婚や出産を考えていないという女性も、知っていて損はしない知識です。

消費生活アドバイザー

近年、自分のキャリアアップや転職のために資格と取得する方が増えています。女性向きの資格の一つ消費生活アドバイザーを紹介します。この資格は経済産業大臣認定の公的資格で「企業と消費者のパイプ役」と言われています。消費者と企業または行政等のかけ橋となります。消費者の意向を企業に反映させるとともに、消費者からの苦情相談などに対して適切なアドバイスができる人材を養成する目的設けられた資格です。昭和55年に第1回目がスタートし、合格者も1万人を超えました。年に一度実施され、例年10月に第一次試験(筆記試験)、11月に第二次試験(論文、面接)が行われます。合格率は19.1%(平成17年度)という20%を切る難関ながらも合格者の約半数を女性が占める資格試験です。

合格後、実務経験がない場合は実務講習を経て、消費生活アドバイザーの称号の付与されることになります。すでに25年の歴史を持ち、これまでの合格者の約65%が女性。特に20代、30代の女性が合格者の約半数を占め、キャリアアップ、転職、結婚後・出産後の仕事への再チャレンジなど、女性の働き方の多様化にあった資格と言えます。

■受験資格
・ 年齢、性別、学歴等にかかわらず、どなたでも受験可能。
・ 2次試験不合格者は次年度の試験に限り、1次試験が免除される。

■試験内容
【1次】
・正誤法、補充法などによる択一式
(1) 消費者問題
(2) 消費者のための行政・法律知識、行政知識、法律知識
(3) 消費者のための経済知識
経済一般知識、企業経営一般知識、生活経済、経済統計と調査方法の知識、地球環境問題・エネルギー需給
(4) 生活基礎知識、医療と健康、社会保険と福祉、余暇生活、衣服と生活、食生活と健康、住生活と快適空間、商品・サービスの品質と安全性、広告と表示、暮らしと情報
【2次】
・論文
(1) 4題の内1題を選択し、解答する。
1.消費者問題
2.行政知識
3,4.法律知識(2題)
(2) 4題の内1題を選択し、解答する。
1.経済一般知識
2.企業経営一般知識
3.生活経済
4.地球環境問題・エネルギー需給
・面接
一人15分程度の個人面接(面接官3名)

貴方も消費生活アドバイザーを目指してみませんか?

転職活動のタイミング

「今の会社に勤めながら次の転職先を探すべきか?まず辞めてしまってから転職活動に専念すべきか?」と悩むの声をよく聞きます。結論からいえば、基本的には仕事をしながら転職活動をした方がメリットは多いです。企業は「前職からのブランクが出来るだけ短い人の方が、仕事感覚が鈍っていなくて良い」と考えます。ビジネスの現場は刻々と変化しています。オフィスで使用されるパソコンのソフトが変わっていくように、技術や仕事の流れはどんどん進化しているからです。

中途採用で重視されるのは経験とスキルです。面接では必ずと言ってよいほど、「前の会社でどんな仕事をして来ましたか?」と問われます。このことを考えると、退職ギリギリまで「今の会社でできる限りのことを身に付けるぞ」という気概が、面接などに良い影響を与えることも多々あります。

また、給料という収入を確保されているという点も、働きながら転職活動をする大きなメリットです。無収入というのは意外と大きな精神的プレッシャーになります。1、2ヶ月なら乗り切れるかもしれませんが、それ以上続き、さらに転職先が決まる見込みがないと辛くなってきます。この辺りの経済感覚は、一般的に男より女の方が優れている場合が多いです。きちんと生活に掛かるお金を考えて行動する方が多い方と思います。

逆に「まず辞めることが良いかも」という場合のあるでしょう。女性の場合、社内でひどいセクハラを受けている、精神的なものを含めて体調の悪化など考えられる場合もありますので、すべての人が仕事を続けながら転職活動をすることが最善とは限りません。また、中途採用募集の期間が短い場合も多く、採用する側も応募する側も時間勝負という面があります。求人広告が出てから応募書類送付の締め切りが1週間以内、即面接ということもあります。自分に合いそうな会社が見つかった時に機敏に対応できるのは、フリーの立場の人だったりもします。いずれにしても、自分とってどちらが最善か?転職活動のタイミングは熟慮して決めてください。

女の転職/医療事務

何年たっても、の資格取得の人気ランキングにでてくるのが医療事務です。結婚や出産などで、仕事から離れても復職に苦労しないと言われていますし、転職を考える女性にも人気です。では実際にこれはどのような資格で、どのような仕事につながるのでしょうか? 

■どんな仕事・資格
医療保険の支払い機関に出す診療報酬明細書(レセプト)を作成することが主な仕事です。診療報酬明細書というのは、医師が書いたカルテをもとに、診察費や薬代を法規に基づて点数化したものです。これを国や地方団体、あるいは各保険組合などに提出することで、医療機関に保険代分の医療費が支払われるのです。資格には1級と2級ごとに医科と歯科があって、試験に合格すると「1級メディカル クラーク」「2級メディカル クラーク」の称号が与えられます。医科と歯科に分かれているので、目指す職場にあわせて選びます。活躍する職場的にも女性に最も適した資格といえます。転職、再就職の際には考えてみては如何でしょう?

■資格を持っているメリット
医科や歯科などの医院や診療所、保険薬局、各種介護施設などすべての医療機関が活躍の場となります。収入が安定している常勤以外にも、非常勤(パートやアルバイト)での勤務も可能です。また、女 性の場合、結婚や出産などで一度職場を離れてしまっても、比較的容易に職場復帰ができるのも大きな魅力です。超高齢化社会を迎え医療の仕事が増大している現在、優れた技能を持つ医療事務スタッフは、これから益々求められていくでしょう。医療事務として働くのに資格取得は絶対条件ではありませんが、有資格者は当然の事ながら待遇面でも有利になりますし、やりがいのある仕事も任せてもらえますので、転職を考えるのであれば、女性としてかなり魅力ある資格といえます。

■どんな人が向いているか?
患者さんと接する仕事ですから、明るく思いありのある性格の女性に向いています。また、事務能力や計算能力も必要です。そして、請求事務ならば、月末、月始めを中心に仕事をすることもでき、結婚や出産後の転職としての女 性にピッタリです。

売れるキャリアとは

今回は女性転職・再就職活動において、売れるキャリアについて考えてみます。数年前、ホームページ制作業者がもてはやされた時期がありました。ところが、その期間は長くは続かず、あっという間に人数が増え、おまけにホームページ制作ソフトが普及してしまうと、ホームページを作れる能力の価値は降下しました。つまり、現在高く売れるキャリアでも5年、10年先の市場価値は分からないということです。キャリアの市場価値は、その時代によって変化します。時流に合った、難易度の高い技術系のキャリアは確かに価値が高く、収入も良いですが。常に最新の技術を勉強し続ける姿勢が必要です。また、その為の情報収集能力が備わっていることの大切です。

また、キャリアにひゃ普遍的な能力のあります。資格など形に表せない、普遍的で、どんな仕事にも通用するスキルです。それを大きく分けると3つあります。転職・再就職をしキャリアアップしていく中で、これらの能力をバランス良く見につけていくと有利に働きます。

1.テクニカルスキル
職務に関する専門知識や語学力、事務処理能力 etc
2.ヒューマンスキル
接客、営業、リーダーシップ、人脈、コミュニケーション能力 etc
3.コンセプトチュアルスキル
問題解決能力、状況判断能力、洞察力、戦略立案力、プレゼンテーション能力 etc

そして最後に複合キャリアの話をします。営業や経理は業種に問わず活躍でき、女性にとっても身に付けやすいキャリアです。これをもっと売れるキャリアにするには、営業+経理といったように複数のキャリアを組み合わせます。別の職種を経験することで、それまでやってきた仕事の必要性、問題点が見えてきたり、より専門性が高まるようになります。技術系エンジニアの経験がある営業、経理の知識がある営業などは、その代表的な例です。さあ、貴方も女性としての人生設計する中で、キャリアの性質を理解し必要なものを1つずる見につけ、転職・再就職活動を成功させましょう。そして、なりたい自分を目指しましょう。
毎日キャリアバンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。