転職

採用担当者に印象付ける履歴書

転職活動においての第一関門は履歴書をはじめとする書類選考です。ここを通過しなければ、いくら自分をアピールしたくとも面接へ進めません。「どんな履歴書が採用担当者の目にとまるか?」「印象的か?」を考えてみましょう。まず、採用担当者が履歴書に目を通す時、真っ先に目が行くの『写真』です。写真だけが履歴書の中でビジュアルに表現できる部分です。としての清潔感、健康、誠実さが表現された写真を使うようにします。撮影前には、女性として明るい表情が作れるように、鏡を見て表情つくりをしてみましょう。また、スピード写真は避けてください。スピード写真はどうしても人相が悪く写ります。写真店で撮影したきちんとしたものを使用しましょう。どんなに記述項目が完璧でも、いい加減な写真はそれだけで不採用とされてしまいかねません。写真代を倹約してチャンスを逃さないようにしましょう。

次に目が行く項目は、「志望動機」と「退職理由」です。ここも最優先に見る担当者が大半です。転職者の中途採用に関しては、これまでのキャリアやスキルを重要視されます。採用担当者はこれらを志望動機と退職理由から読み取ろうとします。ゆえに、この2項目では、しかっりと自己PRを盛り込むことが大切です。転職する目的や動機を明確にし文書を書きます。但し、どの項目も熱意を伝えたいあまりに長々と文章を連ねる書き方はダメです。相手に伝えたいことをまず先に書き、後で簡潔にそれを説明し、文章にメリハリをつけるようにします。担当者に最後まで読ませることを心掛けます。現状、企業の採用担当者も、簡潔にポイントが絞ってある履歴書以外は、目を通す時間がない場合が多々あります。今まで仕事から身に付けたキャリアやスキルを具体的にアピールしながら、志望先の企業に熱意が伝わるように文章を工夫しましょう。女性の転職活動成功のポイントの第一歩は、貴方を企業担当者に印象付ける履歴書づくりから。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
毎日キャリアバンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。