転職

女の転職/医療事務

何年たっても、の資格取得の人気ランキングにでてくるのが医療事務です。結婚や出産などで、仕事から離れても復職に苦労しないと言われていますし、転職を考える女性にも人気です。では実際にこれはどのような資格で、どのような仕事につながるのでしょうか? 

■どんな仕事・資格
医療保険の支払い機関に出す診療報酬明細書(レセプト)を作成することが主な仕事です。診療報酬明細書というのは、医師が書いたカルテをもとに、診察費や薬代を法規に基づて点数化したものです。これを国や地方団体、あるいは各保険組合などに提出することで、医療機関に保険代分の医療費が支払われるのです。資格には1級と2級ごとに医科と歯科があって、試験に合格すると「1級メディカル クラーク」「2級メディカル クラーク」の称号が与えられます。医科と歯科に分かれているので、目指す職場にあわせて選びます。活躍する職場的にも女性に最も適した資格といえます。転職、再就職の際には考えてみては如何でしょう?

■資格を持っているメリット
医科や歯科などの医院や診療所、保険薬局、各種介護施設などすべての医療機関が活躍の場となります。収入が安定している常勤以外にも、非常勤(パートやアルバイト)での勤務も可能です。また、女 性の場合、結婚や出産などで一度職場を離れてしまっても、比較的容易に職場復帰ができるのも大きな魅力です。超高齢化社会を迎え医療の仕事が増大している現在、優れた技能を持つ医療事務スタッフは、これから益々求められていくでしょう。医療事務として働くのに資格取得は絶対条件ではありませんが、有資格者は当然の事ながら待遇面でも有利になりますし、やりがいのある仕事も任せてもらえますので、転職を考えるのであれば、女性としてかなり魅力ある資格といえます。

■どんな人が向いているか?
患者さんと接する仕事ですから、明るく思いありのある性格の女性に向いています。また、事務能力や計算能力も必要です。そして、請求事務ならば、月末、月始めを中心に仕事をすることもでき、結婚や出産後の転職としての女 性にピッタリです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
毎日キャリアバンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。