転職

産前・産後休暇とは?

転職でのキャリアアップを考えている女性にとり、女の仕事に関する制度は頭に入れて人生計画とたてる必要があります。このカテゴリの1回目は「産前・産後休暇」についてです。

出産予定日前の6週間(多妊娠の場合は14週間)と、出産日の翌日から8週間は休業ができます。産前・産後休暇です。労働基準法によって決まっているため、核当する女 性社員が「この期間やすみたい」と申し出れば、会社は必ず認めなくてはなりません。とくに出産日から6週間は、母体保護のために法律で休業が強制されています。いくら本人が「働きたい!」と思っても、働くことができません。残りの2週間は、本人が希望し、医師が問題がないと認めた範囲内であれば、働いて良いことになっています。また、出産前の6週間は本人の判断で決まられますので、「ぎりぎりまで働きたい」という希望の人は働くことができます。

また、実際の出産が出産予定日より延びた場合は、出産日まで出産休暇が延びるしくみになっています。妊娠4ヶ月以降で死産や流産した場合にも8週間の産後休暇はもらえます。また、年次有給休暇の算定に関しては、産前・産後休暇は出勤と同じ扱いになるので、産休を取ったとしても別に本来の有給休暇は取れます。会社側は「産休をとったから有給休暇はないよ」とはいえないのです。働く女性として覚えておきたい法律です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
毎日キャリアバンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。