転職

産前休暇中の給料

女性が転職を考えた場合は、女性に関する仕事の法律や制度も頭に入れておく必要があります。前回、『産前・産後休暇』の制度の話をしましたが、今回は気になる産休中の給料の話です。産休中に給料を支払わないといけないという法律が残念ながらありません。給料が支払われるかどうか?というのは企業により異なります。でも、健康保険に加入していて、産休中に給料のもらえない人には健康保険から出産手当金が支払われます。また、給料が支払われていても、出産手当金より額が少ない人その差額は支払われます。出産手当金が払われるのは、出産の日以前42日目から、出産の日の翌日以後56日までの間で会社を休んだ日数分で、その額は標準報酬日額の6割程度です。例えば月給30万円の人が、98日間会社を休んだ場合なら、およそ、

標準報酬日額(30万円/30日) X 0.6 X 98日 = 58万8千円

となります。但し、実際の出産予定日より遅れた場合は、42日を超えての請求が可能です。仮に5日遅れて、会社を休んだ日が5日おおくなれば、その5日分についても出産手当金が支給されます。請求は産前6週間から2年以内に会社か社会保険事務所に請求します。転職を考える場合、女としての制度を念頭において企業探ししましょう。将来子育てと仕事を両立させたいの人も多いでしょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
毎日キャリアバンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。