転職

面接の自己紹介

転職・再就職活動の面接において求人応募者が志望動機を同じくらい大切にしたいのが自己紹介でしょう。

必ず聞かれる自己紹介について、どう答えたら良いか考えてみましょう。

自己紹介というと言葉が抽象的なので、「どう答えていいの?」と思ってしまう人の多いのではないでしょうか?

企業の面接官がこの質問でもっとも知りたいのは、
「この人はどんな仕事ができるのか?」
「どんなキャリアを積んできたのか?」
「この人のどの部分が自社に利益もたらすのか?」
という点です。

つまり、「これまでどんな仕事をやり、どんな業績をあげ、会社の利益に貢献するためにどんな努力や工夫をしてきたのか?」をアピールしたいところです。

女性としてキャリアをしかっりと話したいところ。女性に多いのが「明るく好奇心旺盛で常に前向きです」など性格面をアピールしてしてしまう人です。性格面をアピールしてしまうのは適切ではない答え方です。

「これまでの経験の中で転職先で行かせるものは何か?」を中心に考えてみるのが良い答え方のポイントです。

それには、企業が募集しているのはどんな人材か?よく調べておくことが必要です。

自己紹介の答え方としては、企業の欲しがっている人物像を自分との接点を見つけることです。そして、自分のこれまでの仕事内容、経験について具体的に話すのがコツです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
毎日キャリアバンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。